中古車買取業者が査定で見るのはこんなポイント

中古車買取の査定を少しでも良くするための情報サイト

中古車も外見は重要!査定の前にキレイにしましょう

1885年、ダイムラーとベンツが世界で初めての自動車を作りました。
それから100年以上が経ち、様々な進化と改良が重ねられながら、今でも自動車は人間の主要な足であり続けています。

自動車というものは、永遠に乗り続けられるものではありません。
いくら大切に使っていても、何十年も同じ車に乗り続けるという人はなかなかいらっしゃらないと思います。
様々な事情などがあるでしょうが、長くても10年すれば新しい車に買い換えるという方がほとんどかと思います。
車を買い替える際、それまでに乗っていた車は基本的には引き取ってもらわなければなりません。
その際には、中古車買取業者に査定をしてもらいましょう。

新しく車を買う時、ディーラーに下取りをしてもらうこともできます。
しかし、これはあまりお勧めできません。
なぜなら、ディーラーにとって下取りは新しい車を買ってもらうための、いわばサービスに過ぎないからです。
一般的には、しっかり中古車買取業者に持って行って査定してもらう方が高い金額が出やすいですし、下取りをしてもらう際にもその査定が頭に入っていれば金額の目安になります。

さて、中古車買取業者に査定を受ける際には、ただ車を持っていけば良いというわけではありません。
中古車買取業者も様々な査定ポイントをチェックし、それらを総合して査定額をつけます。
それらのポイントをしっかりとプラスにできるようにすることで、査定額に数十万円の差が出ることもあります。
そのような中古車買取業者の査定のポイントについて調べて見ました。

車を買い替える時には、査定に出しましょう

査定の際には、やはり外装は重要になります。 傷や凹みはもちろんのこと、汚れやほこりなどのマイナスになってしまいます。 逆にいうと、そういった点にしっかり気をつけて、それらのマイナスに対して簡単な対策をすれば査定を良くすることができるというわけです。

見た目だけでない!内装で気をつける点

査定の際には、外装と同じくらい内装も大事になります。 買取業者の方も、買い取った後売らなければいけないわけですから、外の見た目が良ければOKというわけにも行きません。 内装に関しても、外装と同じように傷や汚れはもちろんチェックされますが、さらに「臭い」に関しても気にされることが多くなっています。

査定の評価を上げるポイントは他にも色々!

車の外装・内装の他にもチェックされるポイントはたくさんあります。 エンジンや車高、走行距離といったことから、取扱説明書まで、チェック項目は多岐に渡ります。 もちろん全てを知っておかなければいけないということはありませんが、ちょっとしたことを頭に入れておくだけで査定金額をあげられることがあります。

▲ ページトップへ戻る